PR

『ハウル』の小説・漫画・アニメの概要、売上

小説原作

正式タイトル:ハウルの動く城(ハウルのうごくしろ/Howl’s Moving Castle)
略称:ハウル
ジャンル:魔法戦争ファンタジー
あらすじ:魔女の呪いで90歳のおばあちゃんになったソフィー(実年齢18)は、元の姿に戻るための旅の途中、ハウルの動く城に遭遇する
魅力:献身
高評価レビュー:人の幸せや争いの無意味さを悟ってしまった。ネガティブな気持ちが吹っ飛ぶ夢のあるストーリー。どの登場人物もいじらしくて、キュンキュンしてしまう
低評価レビュー:メインキャラくらいプロの声優を使ってくれ。説明不足なのか、よくわからないところが多々あり。女性向けラブストーリーという以外、印象が薄い
原作者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(イギリス)、宮崎駿(監督・脚本)
受賞:第61回(2004年)ヴェネツィア国際映画祭《オゼッラ賞》ほか
書籍化:1986年/日本語訳1997年(全3)
コミカライズ:2004年12月~2019年1月(フィルム4、シネマ1)
映画アニメ化:2004年11月
小説最高売上:不明
漫画最高売上:不明
アニメ最高売上:141万枚超
映画興行収入最高:196億円
外伝:-
備考:初出は『イギリス文学』。シリーズ累計発行部数不明

スポンサーリンク

『ハウルの動く城』の売上・巻数・発売日

小説

単行本

著者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
翻訳:西村醇子、市田泉
イラスト:佐竹美保
出版社:徳間書店
レーベル:-
巻数:全3巻で完結

巻数初動売上部数
(14日以内)
最終売上部数
(15日以上)
発売日
11997/5/1
28/1
32013/5/30
1.魔法使いハウルと火の悪魔
2.アダブラと空飛ぶ絨毯
3.チャーメインと魔法の家 
文庫本

著者:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
翻訳:西村醇子、市田泉
イラスト:-
出版社:徳間書店
レーベル:徳間文庫
巻数:全3巻で完結

巻数初動売上部数
(14日以内)
最終売上部数
(15日以上)
発売日
12013/3/1
24/5
32016/4/1

漫画

フィルムコミック

作画:宮崎駿
出版社:徳間書店
連載メディア:-
レーベル:アニメージュコミックススペシャル
巻数:全4巻で完結

巻数初動売上部数
(7日以内)
最終売上部数
(8日以上)
発売日
12004/12/15
22005/1/15
31/31
42/10

シネマコミック

作画:宮崎駿
出版社:文藝春秋
連載メディア:-
レーベル:文春ジブリ文庫
巻数:全1巻で完結

巻数初動売上部数
(7日以内)
最終売上部数
(8日以上)
発売日
12019/1/4

映画アニメ

アニメ制作会社:スタジオジブリ
映画配給会社:東宝
声優:倍賞千恵子、木村拓哉ほか
公開期間:2004年11月20日~2005年5月1日
上映時間:119分
スクリーン数:448館
興行収入:14.8億円(初動2日)、196億円(最終)
動員:110万人(初動2日)、1500万人(最終)
原作範囲:1巻

円盤初動売上枚数
(7日以内)
最終売上枚数
(8日以上)
発売日
DVD50,312
46,819
708,265
92,225
59,495
1,223,370
27,673
2005/11/16


2014/7/16
BD3,65913,1132011/11/16
合計809,055
(5)
1,415,876
(17年超)
・DVDは、上から特別収録版、初回限定版、通常版、デジタルリマスター版の4種
・リマスターのみ更新中(最終確認日2024年6月9日)

レビュー 感想、意見、口コミなど