PR

『すずめの戸締まり』の小説・漫画・アニメの概要、売上

小説原作

正式タイトル:すずめの戸締まり(すずめのとじまり/Suzume no Tojimari)
略称:すずとじ、すずめ
ジャンル:現代冒険ファンタジー
あらすじ:九州在住の女子高生“岩戸鈴芽”は、『閉じ師』を名乗る青年“宗像草太”と共に、災いをもたらす“扉”を締める旅に出る
魅力:孤児成長
高評価レビュー:見終わった後、前向きな気持ちになれるいい作品。後半、自然と涙が出てしまった。震災という重いテーマを通じたメッセージ性に同感
低評価レビュー:みんなに助けてもらえる主人公は楽だね。美少女の相方はなんでこういつも美青年なんだろう。辛い過去からの脱却セリフがくさくワンパターンで心に響かない
原作者(監督・脚本):新海 誠(しんかい まこと)
:第73回ベルリン国際映画祭《コンペティション部門選出》ほか
書籍化:2022年8月(全1巻)
コミカライズ:2023年3月~2024年2月(全3巻)
映画アニメ化:2022年11月
小説最高売上:501,077部(文庫本)
漫画最高売上:参考15,292部以下(1巻初動4日)
アニメ最高売上:129,751枚
映画興行収入最高:147.9億円
外伝:-
備考:初出は『角川文庫』。シリーズ累計発行部数35万(2022年11月到達)

スポンサーリンク

『すずめの戸締まり』の売上・巻数・発売日

小説

(文庫本)

著者:新海誠
イラスト:-
出版社:KADOKAWA
レーベル:角川文庫
巻数:全1巻で完結

巻数初動売上部数
(14日以内)
最終売上部数
(15日以上)
発売日
148,293(12)501,077(453)2022/8/24

(新書)

著者:新海誠
イラスト:ちーこ
出版社:KADOKAWA
レーベル:角川つばさ文庫
巻数:全1巻で完結

巻数初動売上部数
(14日以内)
最終売上部数
(15日以上)
発売日
15,691(11)171,979(403)2022/10/13

漫画

作画:甘島伝記
出版社:講談社
連載メディア:月刊アフタヌーン
レーベル:アフタヌーンKC
巻数:全3巻で完結

巻数初動売上部数
(7日以内)
最終売上部数
(8日以上)
発売日
12023/3/23
29/22
32024/2/22

映画アニメ

アニメ制作会社:コミックス・ウェーブ・フィルム
映画配給会社:東宝
声優:原菜乃華、松村北斗ほか
公開期間:2022年11月11日~2023年5月27日
上映時間:122分
スクリーン数:420
興行収入:18億8421万5620円(初動3日)/147億9000億円(最終)
動員:133万1081人(初動3日)/1115万人(最終)

円盤初動売上枚数
(7日以内)
最終売上枚数
(8日以上)
発売日
DVD21,78940,9212023/9/20
BD限定34,415
通常28,083
42,684
46,146
合計84,287
(5)
129,751
(198)

レビュー 感想、意見、口コミなど