PR

『僕妻』の漫画・アニメの概要、売上

漫画原作

正式タイトル:僕の妻は感情がない(ぼくのつまはかんじょうがない/My Wife Has No Emotion)
略称:僕妻
ジャンル:日常ラブコメ
物語:社畜サラリーマンと家事ロボットの夫婦生活
魅力:カタルシス
高評価レビュー:トレンドではなく廉価版に視点を向けたのが成功の秘訣かな。このちょっとずつ距離が縮まる感じがいい。相手を思いやる気持ちが伝わってくる
低評価レビュー:男の欲望を満たす道具に見えてしまう。面白いかもしれないが、冷静に考えると気持ち悪い。妹が出たあたりから現実に戻された
原作者:杉浦 次郎(すぎうら じろう)
受賞:次にくるマンガ大賞2022コミックス部門《6位》ほか
連載期間:2019年8月5日(2019年9月号)~
コミックス化:2020年2月~(既刊7)
ノベライズ:未定
テレビアニメ化:2024年夏
漫画最高売上:参考22,120部以下(1巻初動2日)
小説最高売上:-
アニメ最高売上
外伝:-
備考:初出は『コミックフラッパー』。シリーズ累計発行部数不明

スポンサーリンク

『僕の妻は感情がない』の世界観・制作・売上

あらすじ・主な登場人物

男性サラリーマンと女性型ロボットの疑似結婚物語。

一人暮らし生活3年目のタクマは、身の回りの世話をしてくれる家事ロボット「ミーナ」を購入。
ある日、酔っぱらった勢いで「僕の嫁さんになってくれないかなあ」と口を滑らせたことから、なんとも奇妙な人間とロボットの結婚生活がスタートする。

小杉タクマ(こすぎたくま)/豊永利行
ミーナをリサイクルショップで購入した若い男性サラリーマン。
初めは彼女のことをただの家電製品としてしか見ていなかったが、一緒に暮らすうちに1人の女性として意識することに。

ミーナ/稲垣好
料理と食器洗いに特化した家事ロボット。商品名「ミーナCL」。
その他の特徴として、ほぼ無表情。

小杉あかり(こすぎあかり)/青山吉能
タクマの妹。
異種間恋愛フェチの明るい性格で、兄の夫婦生活に興味津々。

スーパーミーナ/芹澤優
オールラウンダーの家電ロボット「M107S」。
ミーナシリーズの最高傑作だが、思考に関してやや苦手な面も。

漫画

作画:杉浦次郎
出版社:KADOKAWA
連載メディア:コミックフラッパー
レーベル:MFコミックス フラッパーシリーズ

巻数初動売上部数
(7日以内)
発売日
12020/2/22
210/23
32021/6/23
412/23
52022/7/23
62023/3/23
710/23

テレビアニメ

アニメ制作会社:手塚プロダクション
監督:吉村文宏
シリーズ構成:広田光毅
キャラクターデザイン:ウクレレ善似郎
色彩設計:古谷恵
美術監督:河野次郎
撮影監督:伊藤佳恵
編集:田村ゆり
3Dディレクター:バイブリーアニメーションCG、北京写楽美術芸術品有限公司
音響監督:伊藤巧
音響制作:HALF H・P STUDIO
音楽:佐久間奏、中村巴奈重、田渕夏海、櫻井美希
音楽制作:日音
製作/著作:製作委員会は感情がない
オープニングテーマ
エンディングテーマ
放送局:TOKYO MX
放送期間:2024年7月2日~
話数:全

レビュー 感想、意見、口コミなど